お知らせ

2024.06.12

お宮参りとは?

こんにちは!

フォトグラファーの浅野です。

 

お宮参りは、赤ちゃんの誕生と成長を祝う日本の伝統行事です。

厳格なしきたりやルールなどはありませんが、初めてのお子さまの場合、どのように準備すればいいか悩んでしまうものです。

そこで今回は、お宮参りとはどのようなものかをご説明します。

お宮参りは歴史のある行事ですが、現代的な考え方が許容されている部分も少なくありません。

その境界線が分かれば、それぞれのご家庭に合ったお宮参りを計画出来ます。

 

 

お宮参りの始まり

その昔、日本では出血を伴う出産は「けがれ」と見なされていました。

母子のけがれの期間が明けるころに氏神様にお参りし、忌み明けの儀式として始まったのがお宮参りです。

赤ちゃんをその土地の一員として神様に認めてもらう氏子入りの儀式という意味合いもあります。

「お宮参り」という呼び方は室町時代に始まったとされています。

江戸時代には、お宮参りの帰りにお世話になった方々に報告とあいさつにいく風習も生まれ、

その後、お子さまのお祝いとして日本各地に広まったというわけです。

 

お宮参りの意味

お宮参りは、生後初めて氏神様にお参りし、正式に氏子となる行事です。

無事に出産したことへの感謝や赤ちゃんの健やかな成長を願い、氏神神社に参拝します。

なお、参拝だけでなくご祈祷もお願いするのが一般的です。

「初宮参り」「初宮詣(はつみやもうで)」「産土神(うぶすなかみ)参り」などと呼ばれることもあります。

伝統的には男の子は生後31~32日目、女の子は生後32~33日目とされていますが、地域によっても異なる場合があります。

最近は赤ちゃんやママの体調を考慮して日付を選ぶことが多くなりました。

 

お宮参りの流れとは

お宮参りでは、神社やお寺への参拝・ご祈祷、記念写真撮影や食事会をセットにするのが一般的です。

一例としては、午前中に神社でのお宮参りを済ませ、その足で記念写真撮影と食事会を行う進め方があります。

移動時間や赤ちゃんの負担なども考え、お宮参りと記念写真撮影の間に昼休憩をはさみ、食事会は夜というケースもあります。

記念写真撮影は別日に行うことも可能です。移動手段や赤ちゃんとママの体調などを考えて決めるとよいですね。

 

今回はお宮参りとはどのようなものなのか、ご紹介させて頂きました。

次回はお宮参りはいつ行えばいいのかご説明します。

お宮参りのご相談はぜひロージィまで!

 

フォトグラファー 浅野

 

——————————————————————
ミス・ロージィ
<可児スタジオ>
岐阜県可児市広見5-117
<お衣装合わせ・美容室内フォトブース>
岐阜県美濃加茂市新池町1-9-18

 

TEL  0574-60-5574

LINE@ : shu【シュウ】&ミス・ロージィ(公式アカウント

mail : shu-bridal@hotmail.co.jp

お問い合わせはこちらから
岐阜県可児市、美濃加茂市、多治見市で写真館を探すならミス・ロージィへ。
可児市にある、スタジオ内、屋外ロケーションのどちらでもブライダル・成人式・七五三・お宮参りのハイクオリティな前撮りを撮影します。衣装レンタルだけでもご相談ください。
ホームページ
http://shu-myth.com

カテゴリー

カテゴリータグ

CONTACT
ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る