お知らせ

2024.06.01

七五三ならではの食べ物は? おすすめメニューや意味について

こんにちは!

フォトグラファーの浅野です。

今回は七五三の食事会をどのように準備したらよいのか、

七五三ならではの食べ物やおすすめのメニューなどをご紹介します。

 

七五三の食事にはきまりがあるの?

 

 

七五三には神社やお寺への参拝、記念写真撮影、

そして食事会という3つのイベントを行うことが一般的です。

食事会をどのように企画するかは、パパ・ママの腕の見せ所でもあります。

 

七五三は伝統的なお祝いであるため、

食事や食べ物にどのようなルールがあるのかを知りたいという方もいらっしゃると思います。

ここでは、七五三の食事や食べ物の基本ルールをご紹介します。

 

食事会を行う場所はご家庭によってさまざま

クリスマスにはクリスマスケーキに七面鳥、ハロウィンならかぼちゃといったように、

イベントには特徴的なメニューがつきものです。

しかし、七五三には決まったメニューがありません。

 

七五三は日本の伝統的なお祝いであるため、和食で祝うご家庭が多いです。

お子さまが好きな料理や華やかな洋食でも構いません。

また、手作りではなく、仕出しや外食も多く利用されています。

 

七五三の祝い方はご家庭によって異なるため、食事の準備もご家族で話し合い、

好みや都合のよいやり方で決めるとよいですね。

 

お祝いの行事に食べたい「縁起のよい食べ物」

日本では昔から、お祝いの席に「縁起のよい食べ物」を出すことで、

喜びや願いを表現していました。

日本らしい食事を準備したい場合は、縁起のよい食べ物を取り入れてみるとよいですね。

縁起のよい食べ物は以下のようなものです。

 

・尾頭付きの鯛(たい)

頭から尾まで使用することで「ひとつのことを最初から最後までまっとうする」の意味をもつ 「おめでたい」という語呂合わせ

 

・えび

曲がった腰と長いヒゲがあることから「長寿」の意味をもつ

目が飛び出た見た目から「おめでたい」を連想させる

 

・鰹(かつお)

「勝つ男」という語呂合わから勝利祈願の意味をもつ

カツオ節には「固いきずなで結ばれる」意味を持つ

 

・れんこん

れんこんの穴から先が見通せることから、「将来の見通しがよい」の意味をもつ

 

・こんぶ

繁殖力の高いことから「子宝」の意味をもつ 「よろこんぶ」という語呂合わせ

 

・いよかん

「良い予感(いいよかん)」を連想させる

 

・柿

「嘉来(かき/おめでたいことが来る)」やお金を「かき集める」という語呂合わせ

 

・オクラや納豆

「粘り強くあってほしい」という願いが込められている

 

お祝いの行事で避けたい「縁起の悪い食べ物」

反対に「縁起が悪い」とされる食べ物もあります。これは体に悪いという意味ではありません。

「悪いことを連想させるものを祝いの席から遠ざけたい」という願いが込められているものです。

 

神経質になる必要はありませんが、

年配の方など縁起を気にする方を食事会に招待している場合には、

気を付けておくとよいかもしれません。

以下にいくつか例を紹介します。

 

・みそ

失敗することや面目を失うことを意味する「みそをつける」という言葉から

 

・梨

「なし」と読むことから、財産や縁がなくなることを連想させる

 

・スルメ

お金をなくすという意味の「する」という言葉から
(ただし、日持ちがよいことや「お足(お金)」がたくさんあることから、

縁起がよいとされるケースも)

 

・たくあん

「一切れ(人を斬れ)」「三切れ(身を切れ)」は縁起が悪いとされるため、二切れで出す

 

七五三ならではの食べ物と意味

 

 

七五三の食事会によく登場する食べ物には、千歳あめや赤飯、鯛(たい)、えびなどがあります。

これらの食べ物が選ばれているのは、和食らしいからという理由だけではありません。

 

これらの食べ物には七五三のお祝いにぴったりの理由があります。

ここでは、七五三の定番ともいえる4つの食べ物にどのような意味があるのかをご紹介します。

 

千歳あめ

引っ張るとどこまでも伸びる千歳あめには、

「いつまでも健康で長生きしてほしい」という願いが込められています。

千歳あめそのものはピンクや白で、

色鮮やかなイラストが描かれた紙袋に入れられているのが一般的です。

千歳あめの袋を手にした姿での七五三写真は、七五三の定番のショットとも言えます。

 

千歳あめをご祈祷の授与品として準備している神社やお寺も少なくありません。

スーパーやデパート、菓子専門店、オンラインショップなどでも購入可能です。

縁起物でもある千歳あめは、七五三らしさが伝わる品であるため、内祝いにも利用されています。

 

赤飯

赤飯は、もち米にアズキまたはササゲを混ぜて蒸したものです。

日本では昔から、

赤い色には邪気をはらったり災いを避けたりする力があると考えられていました。

赤飯の元祖は赤米といわれています。

赤米自体は次第に食べられなくなっていったため、

その代わりにアズキやササゲで色を付けた赤飯が生まれました。

 

おめでたい力をもつ赤色のご飯「赤飯」は、お祝いの席では定番です。

七五三でも、おめでたい料理としてよく登場します。

南天の葉を添えたり、くりを入れたりして彩りよく仕上げるのがお勧めです。

 

鯛(たい)

鯛(たい)も縁起物としてお祝いの席に登場する食べ物のひとつです。

色が赤い真鯛(まだい)が使われることが多く、

頭から尾まで丸ごと焼いた「姿焼き」は「目出鯛(めでたい)」と呼ばれます。

赤い色味とおめでたい名前であることから、

お祝いの席を華やかに彩るメニューとして定着してきました。

七五三でもテーブルを彩る主役として、よく使われる食べ物です。

えび

えびも縁起のよい食べ物とされており、七五三に限らず、喜ばしい席には頻繁に登場します。

えびが祝い事に好まれる理由のひとつは、「曲がった腰と長いひげ」というその姿です。

長寿を連想させる見た目が、健康で長生きできるようにとの願いを表すようになりました。

 

脱皮を繰り返す生態は成長と発展を象徴しているため、

お子さまの健やかな成長と将来の成功を願う親心にぴったりです。

目が飛び出していることから、

「めでたし(目出たし)」という語呂も縁起の良さに結び付けられています。

 

今回は七五三の七五三ならではの食べ物、

おすすめメニューや意味についてお話をさせていただきました。

大切なお子様の七五三祝いはしっかりとしてあげたいですよね。

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

フォトグラファー 浅野

 

——————————————————————
ミス・ロージィ
<可児スタジオ>
岐阜県可児市広見5-117
<お衣装合わせ・美容室内フォトブース>
岐阜県美濃加茂市新池町1-9-18

 

TEL  0574-60-5574

LINE@ : shu【シュウ】&ミス・ロージィ(公式アカウント

mail : shu-bridal@hotmail.co.jp

お問い合わせはこちらから
岐阜県可児市、美濃加茂市、多治見市で写真館を探すならミス・ロージィへ。
可児市にある、スタジオ内、屋外ロケーションのどちらでもブライダル・成人式・七五三・お宮参りのハイクオリティな前撮りを撮影します。衣装レンタルだけでもご相談ください。
ホームページ
http://shu-myth.com

カテゴリー

カテゴリータグ

CONTACT
ご予約・お問い合わせ

ページトップへ戻る